絶対遵守



 記憶の檻の向こう側から、それでも貴方は彼を呼ぶ。

 ひたり、と顎を伝う汗。ひとしずく、またひとしずく。
 あの頬の白さにどうして溶けゆかないのか不思議だ。少し伸びた髪が濡れて、漆黒の色がいつもより艶めいて見える。何度目かで鬱陶しそうに同じ白さの指先がしずくを振り払い、ロロは知らず長い間その横顔を見つめていたことに気付いた。
 横顔は、気付いているのか、いないのか。ふ、とロロのそれよりずっと濃い紫の瞳を和ませ、笑いかけた。
「……暑いな」
「今日は特別だよ。びっくりするくらい気温が高くなってる」
「参るよな。こんな日に限ってさ」
 ふう、と息をついて、ルルーシュは手の甲で軽く額を拭う。ピンクのエプロンが暑さに拍車をかけているのだろう、その胸元をはたはたとはためかせている。その笑みに応えるように、ロロも少し首を傾げて笑ってみせた。
 初夏だというのに熱の篭ったままの生徒会室には、その場所に似つかわしくない甘い匂いが漂っている。その匂いの元はルルーシュの腕の中。専用のケースの中で、ふんわりと綺麗な狐色になっている。
 ルルーシュが天板ごとテーブルに置くと、奥で黒板に何か書いていた金髪の少女が走り寄り、ルルーシュの肩越しに声をかけた。
「あら、ルルーシュ。もう出来たの?」
「試作品ですけどね。……でも会長、いくらなんだってこの季節にこんなもの作らなくったって」
「こんなものって……」
 示すルルーシュの指の先にあるのは、楕円形の焼き菓子。調理室から持ってきたばかりの狐色は、しっとりとつやを帯びて美しい。この焼き菓子が、手のひらサイズのケースに入って店頭に並べられていたなら、皆が口を揃えて思うであろうそれは。
「マドレーヌ?」
「いや、マドレーヌそのものに罪は無いんですけどね」
 ルルーシュは再び汗を拭った。両手でようやく抱えられる大きさの天板にのっている狐色は、これまた両手でようやく抱えられる大きさ。軽く20人分はありそうな大きさである。
「バームクーヘンにシフォンケーキ、今回はマドレーヌ。……何で今年の学園祭の候補は焼き菓子ばっかりなんですか」
「いいじゃなーい。去年の巨大ピザは失敗しちゃったし。そろそろ皆もスイーツが食べたくなる頃じゃない?」
「それは皆も、じゃなくて会長が、でしょう」
 苦笑を浮かべてルルーシュはエプロンを脱いだ。ひたり、と薄く肌にはりついているシャツに目を奪われ、ロロは慌てて視線を逸らせた。テーブルの端と端で良かったと思う。あまりに近すぎれば、容易くこの視線の行き先を悟られてしまうだろう。
 出来たてのマドレーヌの香りを堪能したらしい会長は、楽しそうな仕草で唇に指を当てた。
「でも、さっすが。今回も美味しそう」
「試作品ですからね。味の保障はしませんよ」
「そんなこと言って。バームクーヘンもシフォンケーキも大人気だったじゃない?」 
 十分の一スケールで作られている試作品といっても、二十人分だ。無論生徒会の中だけで片付けられるわけはなく、校庭で部活動に励んでいる学生達にも配られる。滅多に見ることの出来ないルルーシュのエプロン姿と共に、生徒会副会長の作る試作品は学校中で評判だった。
「てことはやっぱり今回も……」
「あったりまえでしょ!ハイ、これが生徒会の分。残りを持って、行ってきまーす!」
 自分達の分だけを切り分けると、天板を持って意気揚々とミレイは生徒会室を出て行った。ケーキナイフを持参していたところを見ると、今回も校庭から狂喜の声が上がるのはそう遠くは無い未来のはずだ。
「あーあ……相変わらずだな、会長は」
「兄さんも、毎回会長の言うこと聞くことないのに」
「なに、俺にとっても料理の腕を磨く良いチャンスさ。家ではなかなか焼き菓子なんて作る機会がないからね」
 ふ、と笑うと、ルルーシュはロロの向かいに腰掛けた。テーブルにばらまかれている去年のイベントの写真を見て、頬杖をついてくすくすと笑う。
「大体、どうして何でもかんでも巨大にするんだかな」
「『普通の大きさなんて、作っても面白くないでしょ?』だってさ」
「ま、ここではあの人がルールだからな。仕方ないさ」
 気だるそうに頬杖の上で目を閉じる。ルルーシュは暑いのも寒いのも苦手だ。ロロはそれを知っている。勿論、データとしてだ。
「兄さん、暑いでしょ。冷えたハーブティーがあるけど、どう?」
「いいな。もらおうか」
 瞳だけで笑って、すぐに閉じる。濃い紫の瞳。
 ロロは席を立って、生徒会室の冷蔵庫を開いた。グラスに氷とハーブティを注ぐ。からん、という小気味良い音。シロップを加えてマドラーでグラスをなぞると、暁の空をうんと薄めたような色のハーブティーに、ゆらゆらとシロップが溶けていくのが分かった。
(こんなふうに僕も)
(貴方の記憶に溶けてゆけたら)
 あの笑顔もあの瞳も気だるそうな頬杖も、兄としてで良い、自分だけのものであったなら――
 こんな感情は、無論、任務には不要であると分かっている。分かっていても、狂おしいほどの思いに駆られる。白い頬も、紫の瞳も、漆黒の髪も、……任務ではなく、気付けば目で追っている自分がいる。
 一年前から作られた薄っぺらな偽物の記憶の中にしか己がいないことを、誰よりも己自身が知っているというのに。
 軽く首を振る。
 毒されるな、とヴィレッタは言った。アレは毒だ。決して毒されるな。それは、誰よりお前のためだ――
 パタン、と冷蔵庫を閉める。
 分かっている。何より、ギアスを使えないこの男に、それまでの力があるとは思えない。いや、思えなかった。会って、視線を交わすまでは――
「はい、兄さん。ハーブティー……」
 グラスを手渡そうとしたロロは、言葉を止めた。
 気だるげな瞳は閉じられたまま、長い睫毛はぴくりともしない。ただ、窓の外から流れ込む緩やかな風に合わせて、さらり、と漆黒が流れる。
 小さな呼吸音。
 それは、安らかな寝息だった。
(驚くほど無防備な)
(ひと)
 かたり、と静かにテーブルにグラスを置く。そっと回り込んで、ルルーシュの背後に立った。己の手のひらを見る。腕を一振りすると、袖口から鋭利なナイフが姿を現した。
 それをそっと、ルルーシュの首筋に当てる。今ならギアスを使うまでもない。このナイフの切っ先にあと少し力を込めれば、容易くこの白い肌を赤く染めることが出来る。そうすれば、ルルーシュを救うべくC.C.が現れるだろう――。そして彼女を捕獲する。それこそが己の任務。
(僕はいつだってあなたを)
(殺す)
(ことが出来る)
 そう思うと、ふるりと心が震えた。
(そう、僕が)
(僕だけが)
 
「ん……」

 ルルーシュが小さくみじろいで、ロロははっと我に返った。袖をもう一振りしてナイフを仕舞うのと、ルルーシュが気だるげに背を伸ばすのは同時だった。
「ちょっとうたたねしたな。……ん、どうした、ロロ」
「あ、うん」
 その目が己の瞳を見る前に、慌てて言葉を紡ぐ。
「兄さん、シャツが汗で濡れてるから、このままだと冷えて風邪引くかなって」
 替えのシャツを取りに行こうと思って、と続ける言葉を、ルルーシュは疑わない。「弟」の優しさに、素直に笑みを見せる。
「構わないよ。今日はもうすぐ家に帰るし」
「そう? 兄さん、そういうのすぐ面倒くさがるから。この間もそれで体調崩したでしょう」
「はいはい、分かったよ」
 苦笑気味で続ける言葉に、ロロは表情を凍らせた。

「『いつも』言われてることだからな。おとなしく帰ってシャワー浴びるよ」
 




 記憶にはない――はずだ。
 書き換えられた記憶は、母と妹、そして『ゼロ』のこと……『ゼロ』として行動した間のすべてのことだと聞いている。
 すなわち、ルルーシュに関する資料の中に残されていた、ある一人の少年とのかかわりについて、友人としての関係を除く総てのしがらみはすべて消去されているはずだ。 
 なのに――
 ブラックリベリオン。ルルーシュが記憶を失った日。
 その日が近づくにつれ、思い出すはずのない記憶が唇に上る。その回数が日増しに増えていく。
(ほら兄さん、バスタブから出たら髪の毛はちゃんと乾かして。濡れたままで寝たら体調を崩すよ)
(分かってるって。『いつも』言われてることだろ?)
 まるで自分を誰かと置き換えてでもいるように。
(……あ、うん。そうだね。『いつも』言ってることだ)
(だろ。ハイ、ドライヤー)
(え?)
 渡されたドライヤーにキョトンとすると、
(なんだ、乾かしてくれるんじゃないのか)
 まるでそうしないことが不思議だ、とでもいうような視線で、ロロを見る、その、
 紫の瞳。
 その瞳が――誰を見ていたのか、ロロは知っている。
 その『誰か』は、体の弱いルルーシュを気遣い、『いつも』小言を言っていたのだろう。面倒屋なルルーシュの髪を自ら乾かしてやるほどに、その存在を愛しく思っていたのだろう――
 それを考えると、いつも心臓が猛り狂ってしまったかのように痛む。記憶の中からその人物の部分だけを抜き出して、真っ黒なクレヨンで幾重にも幾重にも塗りつぶしてしまいたい。
 そう、彼の髪の色のような、奥の見えない漆黒で――


「……おい、ロロ?」
 ソファに体を沈めたルルーシュが、不思議そうな顔でロロを見上げた。
 シャワーから上がったばかりのバスローブ姿。
 棚の上のドライヤーを示して、笑む。
 紫色のあまやかな瞳で。
「髪、乾かしてくれるんだろ?」
 無論、それに笑って応えるすべを、自分はひとつしか持ち得ない。
「……イエス、マイロード」
 
 その絶対遵守の力の持ち主は、何だよそれ、とくすぐったそうに笑った。






ラストの台詞がユアハイネスではないのは、ロロにとってルルーシュは皇族というよりも「ロード」だろーな、と。
「せ」 絶対遵守







もしも君がその声で。




「おはよう、兄さん」
 朗らかな声と共に、遠くでしゃらりとカーテンを引く明るい音がする。
 シーツ越しでも分かる光が、瞼の向こう側から朝を主張し始めて、ルルーシュは僅かに声を漏らした。
「ん……」
「もう時間だよ。起きないと授業に間に合わないよ」 
「うん……」
 溜息と共に、ぱたぱたと遠ざかる足音。
 春の眠りは心地よい。自分を包み込むような柔らかなシーツの感触を離したくなくて、ルルーシュは寝返りを打つ。
 シーツの感触だけではない――何か、とても心地良い夢を見ていた気がする。
(何だっけ)
 ふ、とふわふわの茶色の髪の毛を思い出した。
(そう)
(すごくやわらかくて)
 寝そべったままその髪を引き寄せると、彼はいつも優しく咎める声と共に、小さく笑った。
(いつも)
(こんなふうに)
(おこしにくるお前をひきよせて)
 そうすると、自分のそれとは比べ物にならないほど強い肉体に触れる。しなやかな筋肉の感触、寝そべったまま自分ひとりがぶら下がってもびくともしない首元、戯れに圧し掛かる体重の重みの心地良さ。
(まだ眠っていたいのに)
 その唇がついばむように自分のそれに触れて、いつも、
(くすぐったさで目が覚める)
(お前はいつもそうなんだ)
(俺のことを、俺より知った風な仕草で)
 す、と明るさが遮られる。
(ああ、来たのか)
(早く)
(起こしてくれればいいのに)
 何もしない彼がじれったくなってその名を唇にのせる。

 

(             )

 

 ぺち、と小さく頬に触れる感触を覚え、ルルーシュはハッと目を覚ました。
「……にいさん?」
 窓を遮るようにロロが立っていた。眉を顰めている。彼には似合わない不機嫌な表情だ。既に制服に着替え、鞄も携えている。
 がばっと起き上がり、時計を見る。
 朝のホームルームが始まるまで、もう15分もない。
「うわ、もうこんな時間か」
「だから早く起きてって言ってるでしょう!」
 ロロの怒声を背に、床に足を下ろしてクローゼットを開け、着替え始める。
「済まない。朝食は……」
「いいよ。僕はもう済ませちゃったから」
「悪いな、ロロ」
 心から謝ると、ロロはほんの少し口元を緩めて、息をついた。
「じゃあ、僕は先に行ってるから」
「ああ、分かった」
 ぱたん、と廊下に通じる扉が閉まる。

 

(そんな)
(馬鹿な――)
 ロロは唇を噛んで鞄を抱えなおした。
 ギアスが人の力に破られるなんて、有り得ない。
 ルルーシュは、『彼』に関する記憶を総て喪ったはずだ。
(……覚えている、はずは)
 手のひらの携帯電話を見つめる。このことは、機情部に連絡すべきだろうか。夢うつつに覚えているはずのない者の名を呼んだこと。それは、間接的にゼロとしての記憶を思い出す可能性さえ示唆している――
 そっと開いた携帯電話に、ちりん、と何かが軽やかな音を立ててぶつかった。
 ハートの形をしたロケット。
(……兄さん)
 携帯電話を閉じ、それをそのまま目の高さまで持ち上げる。

(あの人のかわりでいい)
(呼ばれる名前が)
(僕)
(だったら)
 もしあの声で呼ばれたら。

 彼への絶対遵守に抗う力が、己にあるだろうか。


(兄さん) 
 自問に答えを紡ぐ代わりに、そっと心の中でその名前を呼ぶ。
 ちいさな白いロケットに落とした口付けは、兄に与えられた過ちのそれより、ずっと冷たい味がした。




ありがちですがどうしても書いてみたかったので。悪意無いルルと報われないロロがすき。(酷)
「よ」 呼ぶ













気付かなければ良かった


 

 身じろぐと、カツン、と靴先に当たった石が転がった。
 靴の裏からじんわりと伝わる冷たさは、眼前にある光景が現実であることの証。
 腕の中にいる存在の力が完全に抜け切ったのを確かめてから、スザクはそっと体を離した。
 くたり、と腕によりかかる青白い頬。漆黒の髪が幾筋か頬に添う。そのモノクロームの表情の中で、額から伝う血だけが驚くほど紅い。
 その血を拭ってやりたくて指先で顎に触れると、瞳からひたりと透明な液体が零れ落ちた。
 限界までに溜め込んだ雫は、スザクの前では決して弱みを見せなかった強がりのしるしだ。
(君は)
(いつだってそうだ)
 少しも平気ではないくせに、強がって笑う。
 苦しみも迷いも総て自分の中に溜め込んで、その中に踏み入るものの存在を赦さない。
 そうしていつか、自分さえ変容させてしまう。
 その結果生まれる歪み――そのいびつさ。
(まるで)
(似ている、と)
 気付いていた。ずっと気付いていながら、どうか気付かないでくれと自分自身に祈り続けていた。
 ゼロの声、自信がないのにあるように見せかける声音、物事を考える時の癖、仕草。
 その裏側に見え隠れする冷酷さ。赦した者にしか見せない慈愛。
 そのいびつなアンバランス。
 いつも近くにいた。
 敵対した時でさえ触れられるほどの距離に。
 だから気付いた。
 だから気付かないふりをした。
(気付いていたのに)
(どうして)
(何も)
 ぐ、と彼を支える体に力をこめる。 
 殺せば良かったのだろうか。
 瞬間、ぎしりと心臓が悲鳴を上げる。それが痛みだと気付くまでに、スザクは暫くの時間を要した。
 駄目だ、と細胞が叫ぶ。
(駄目だ)
(ルルーシュの)
(いない)
(世界で)
 あの漆黒の髪に触れられない、紫の瞳を見ることの出来ない世界。
 そんな世界で、生きていく勇気も意味も、自分には無い。
 スザクは己が追い求めた世界、望む夢の果てにある世界を思い、ああ、と気付く。


 自分の思い描く世界は、日本人の独立国家などではなかった。

 小さくとも善い、ただ一人の少年が、幸せに生きられる世界。


(国に捨てられたお前が)
(笑って生きてゆける場所)


 少年の頬に、ぱたりと雫が落ちる。落ちて、少年のそれと混ざる。
 スザクはわざと拭わない。
 彼のたったひとつの居場所を手に入れるために、自分は何だってするだろう、と思った。そして出来ればそれを、自分に一番近いところに作るために。
(皇帝さえ)
(欺いてみせる) 
 その存在を抱き上げ、ランスロットへ向かう。

 


 幾万の同胞の命より、
 彼の中の己の記憶より、

 望んだのはこの腕の中の少年の笑顔。 

(気付かなければ) 
(良かったのに)

 いつか人殺しの機械と呼ばれる己の愛機、その操縦桿に額を押し当て、スザクは戻れぬ道を断つべく手のひらに力を込めた。
 


1期25話後。結局スザの祈りってルルーシュのナナリーへの祈りと似ているんじゃないかなァという妄想。
護りたいもののために世界を選ぶという根本は同じ気がして。
「の」 望む